新宿矯正歯科のデジタル設備

治療プロセスをデジタル化
新宿矯正歯科のデジタル設備

  1. 体に負担の少ないCTスキャンで精査

    先進的な医科用CTスキャンで三次元的データを取得します。歯科用CTは撮影時間・撮影箇所が限られるため、医科用 CT の約1/10と低水準。さらに本院のCTスキャンではエックス線の照射を最小限にとどめています。

  2. お口の中をPC上に再現。3Dカメラで快適に

    「新宿矯正歯科」ではシリコン印象の代わりに3D光学カメラを使用し、 お口の中の「型取り」を行い、そのデータはPC上で活用されます。
    長時間ガマンする必要はありませんし、シリコン印象による歯型取得時のずれや誤差なども生じません。

  3. 3Dスキャナで技工物の精度UP

    以前は治療計画を立てるため患者さまの歯型模型を更に型取りして使用していました。 現在では3Dスキャナによって即座にデジタル化。パソコン上でシミュレートし、歯型模型を3Dプリンタによって出力。その模型をもとに技工物の製作をおこないます。