新宿矯正歯科リーズナブルな価格の特徴について

新宿矯正歯科 
価格の特徴を
ご紹介します

新宿矯正歯科では患者さまに納得いただける価格を目指し、矯正治療費用の設定を行っています。とはいえ、矯正治療には工程が多く、医師や歯科衛生士、歯科技工士など多くの人が関わりますし、どうしても治療費用はかさみます。
新宿矯正歯科では院内技工やデジタル化によって、矯正装置の製作費を抑え、工程をシンプルに、システム化することによってリーズナブルな費用を実現しています。
新宿矯正歯科の価格設定にはきちんとした理由があります。

トータルフィーだから
患者さま想い。
治療費用がわかりやすい。

矯正治療は1年から2年と長期に渡り治療が行われます。その間、クリニックへ通うことになりますが、1回1回の通院費用の扱いはクリニックによって異なります。
大きく分けると2つのタイプがあります。ひとつは、料金表に書いてある「矯正治療費」とは別途に、毎回5,000円程度の施術費がかかるクリニック。もうひとつは毎回の通院時の費用も全て料金表の「矯正治療費」に含まれるクリニック。「新宿矯正歯科」は後者の全てが費用に含まれる「トータルフィー制度」を採用しています。

トータルフィーってどんなもの?

新宿矯正歯科は「トータルフィー(全額表示)」を採用しています。「トータルフィー」では、最初にご提示した治療費に治療に必要な費用が全て含まれています。通院の頻度が多くなったり、当初の予定より治療が長引くなどしても追加料金は発生いたしません。

新宿矯正歯科の矯正治療費は通常の舌側矯正で1,250,000円(税込1,375,000円)、マウスピース型矯正で850,000円(税込935,000円)ですが、この中に通院費用も含まれているので、当院の治療費がいかにリーズナブルかをご理解いただけるかと思います。

「矯正治療を終えて、全ての費用を計算したら予想以上の出費で驚いた。」というお話を時々耳にすることがありますが、「トータルフィー」制度では、矯正装置を付けてから外すまでの金額が初めから分かっているので、費用に関する計画も立てやすく、不安も少ないという特徴があります。

矯正治療を専門的に扱うから
実現する価格設定

日本は歯科医療への保険適用がどちらかというと消極的であり、矯正治療に保険は適用されません。ただ、噛み合わせの不調や歯並びの悪さはめぐりめぐって全身へと悪影響を及ぼしていくことが分かってきています。
「歯並びをなおしたい」という患者さんの気持ちに少しでも応えるため、新宿矯正歯科は費用面での負担をできるだけ減らしていくことを目指しています。

その思いが「トータルフィー」や費用のリーズナブルさに込められています。リーズナブルと言っても、治療には先端技術を用い、矯正装置も自信を持っておすすめできるものを選択しています。
それでは、なぜこの治療費が実現するのでしょうか?

無駄を省いて患者さまの
“利益”へ還元

その秘密は「矯正治療を専門的に扱うクリニック」であることに隠されています。新宿矯正歯科は「舌側矯正」と「マウスピース型矯正」に重点を置き、院内作業のシステム化、デジタル技術の導入によって無駄を削ってきました。その結果、本当に大切な治療過程や患者さまのために労力をかけられる一方で人件費を削減することができます。
また、舌側矯正装置は新宿矯正歯科が所属する渋谷矯正歯科グループ内の技工所で製作されるため、装置の製作費用も抑えることができます。

デンタルローンで
分割払いもできます

新宿矯正歯科では、デンタルローンのご利用で分割払いが可能です。デンタルローンは月々の負担を減らすので、矯正治療をスタートしやすいお支払い方法です。
患者さまの気持ちを考えるなら、矯正治療を受けたいと思った時に、治療を始められる。それが理想です。その点を叶えるため、新宿矯正歯科はデンタルローンのご用意をしております。

デンタルローンでの分割払い例(実質年率3.4%、156回払いの場合)

治療内容 治療費 月々のお支払い額
部分矯正
(舌側矯正)

432,000(税込475,200円)

3,700円(税込) / 月

上下マウスピース型矯正(全体)

850,000(税込935,000円)

7,400円(税込) / 月

上下舌側矯正(全体)

1,250,000(税込1,375,000円)

10,900円(税込) / 月