矯正治療の有力な選択肢 裏側矯正 Lingual orthodontics

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

インビザラインについて

インビザライン(invisalign)とは、米アライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる治療システムです。
2006年に日本でも導入され、全世界の臨床データをもとにした高度な治療計画をデジタル上で作成でき、再現性の精度が大変高いことが特長です。
透明なインビザラインは付けていることが目立たず、自分自身で取り外すことも可能。さらにインビザランなら、通院頻度が一般的な矯正治療より少なくなるといった利点もあります。
ただし、症状によってはインビザラインの使用が難しいものもあります。 まずは検査を行い、医師の診断をしっかりとした上で、インビザラインによる治療に進む必要があります。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット

  1. 1 透明なマウスピース
      で気付かれにくい

    マウスピースは薄く透明なプラスチック。驚くほど他人に気付かれにくい装置です。
    治療中なのを意識せずにお口を開けて生活ができますので、人前に出ることの多い方や芸能活動をされる方々(アナウンサー・ニュースキャスター・俳優など)にも人気です。

  2. 2 取り外せるから、
      ストレスフリー

    マウスピースは自分で取り外せます。
    矯正装置に食べ物がつまることを気にする必要はありません。食事の時はもちろん、歯みがきの際にも外して行えるので、虫歯にもなりにくい特徴があります。

  3. 3 通院頻度が比較的
      少なくてラク

    忙しい方だと、通院の手間を考えて、矯正治療に足踏みをしていたかもしれません。 マウスピース治療なら、矯正装置調整のための来院が不要ですので、他の矯正治療にくらべ、通院頻度は少なくてすみます。

実は難しい
インビザラインの治療

クリニックのインビザライン導入は簡単ですが、しっかりとした結果を求めるドクターにとってインビザラインは難しい治療です。
患者さまのお口の状態を把握し、歯並びと噛み合わせを考慮しながら どう動かしていくか考えるためには、ドクターの力が必要になります。
知識や技術の具体化は難しいものですが、ダイアモンドプロバイダーの称号は症例数の豊富さを示す印として自信を持って掲げております。 インビザラインでは治療が難しい症状もありますので、その判断も含めインビザライン治療はお任せください。

インビザラインの実績について

当医院の総院長 東海林はインビザラインの治療実績ランクの最高峰「ブラックダイアモンドプロバイダー*」に認定されました。ブラックダイアモンドプロバイダーに認定されるためには、年間401以上の治療実績が必要となります。数多くの症例を経験することにより、新宿矯正歯科では比較的難しい症状の場合にもマウスピース矯正で歯を整列させるノウハウを積み上げてきました。インビザラインでは治療計画の立案が難しい症状もありますので、その判断も含めインビザライン治療はお任せください。

*この認定制度はドクターの治療実績に対して、アライン・テクノロジー社が 1年ごとに決定するインビザライン実績評価です。「〜プロバイダー」が実績ランクの名前で、ブロンズプロバイダー、シルバープロバイダー、ゴールドプロバイダー、プラチナプロバイダー、プラチナエリートプロバイダー、ダイアモンドプロバイダー、ブラックダイアモンドプロバイダーの順に経験症例数が多くなります。

デジタル設備の活用で
快適・正確な治療を

インビザラインの治療成功に正確な歯型は不可欠です。新宿矯正歯科では先進の工学3Dスキャニングシステムを導入。
スキャンした口腔内のデータはパソコン上に3Dで再現され、パソコン上で治療計画・シミュレーションが行われます。

3Dスキャナーを使用することで、細かな凹凸まで再現することが可能になり、より高精度なマウスピースを作製することができます。
また、スキャンする際には、細長いスキャニングカメラでお口の中を撮影していくだけなので、患者さまの負担は少なく、お子さまでも安心して正確な歯型を取得することができます。

インビザライン治療の流れ

  1. ー1ー
    マウスピースの作成

    スキャニングを行ったお口の中のデータは米アライン社へ送信し、マウスピースの製作を依頼します。 ただ、アライン社に任せきりというわけではなく、歯の動かし方などについては医師が精査し、 正しいかみ合わせ、歯並びへ向けて治療計画を立てていきます。
    矯正治療の知識を持った医師によるこの確認作業が治療の成功を左右する重要な過程となります。
    また、インビザラインには「クリンチェック」と呼ばれる独自のアプリケーションがあります。
    モニターを利用して術前の歯の動きをシミュレーションすることができますので、 治療の過程や整った歯並びをご自身の目で確認でき、モチベーション維持につながります。

  2. ー1ー
    マウスピースの装着

    いよいよマウスピースを装着し、治療を開始します。
    はじめの期間については約1ヶ月に1度の間隔で通院していただき、調整などを行います。 その後、各治療段階に合わせて、歯科医の指示に従いながら2週間に1度のペースで付け替えをご自分で行います。 この間の通院頻度は1ヶ月から3ヶ月に1回程度(*症状によります)になりますが、 歯の動きに不安がある場合などはすぐご来院ください。 通常は約2~3年で治療は完了します。
    治療中の注意点 マウスピースは1日20時間以上装着してください 食事や歯磨きの際には外すようにしましょう

  3. ー1ー
    治療完了後、保定期間へ

    舌の癖などで歯並びが元に戻ってしまうこと(後戻り)がありますので、これを防ぐために約1~3年はリテーナーと呼ばれる保定装置を付けていただきます。同時に2~6ヶ月に1度のペースで通院していただき、噛み合わせなどのチェックを行います。もし後戻りしてしまった場合にはインビザライン・ライトやインビザライン・i7といったプチ矯正をご検討ください。

10代の矯正治療に特化した
「インビザラインティーン」

10代のお子さまの矯正治療 においては、成長発育を利用し歯を抜くことなく矯正することが可能です。 そのため、10代は矯正治療にとても適した時期と言えます。 インビザラインティーンでは、痛みや見た目の変化など、従来のワイヤーやブラケットを使用した 矯正のデメリットはほとんどありません。

  1. 1 理想的な歯根の移動

    インビザラインティーンのマウスピースには歯根に理想的な力をかけるパワーリッジ機能が加工されているので、10代のお子さまの歯に合わせたスムーズな切歯(前歯)の移動が可能です。

  2. 2 未萌出・萌出途中の
      歯牙に対応

    完全に生えていない歯が過剰に出ることを避けるための「萌出タブ」や、生えていない、または生える途中の歯が自然に生えてこられるような「萌出スペース」を確保。歯の成長を見守りながら矯正を行います。

  3. 3 治療をしっかり
      サポート

    インビザラインティーンでは、マウスピースの紛失や損失に備えて合計6個の交換アライナーが価格に含まれます。また、マウスピースの装着時間が確認できるよう、装着時間に応じて色が変化するインジゲーターを組み込んであるので、お父様お母様も安心です。

  4. 4 治療中も安心

    金属製の矯正装置を使用しないため、装置の脱落などの緊急性を要する事態は少なく、また治療中に歯周組織の改善が期待できる場合もあります。

マウスピース矯正についてのよくある質問

■ マウスピース矯正で本当に歯が動くの?

歯を動かしていく原理はワイヤーもマウスピースも同じですので、 マウスピースでも十分歯が動くきます。
詳しく見る

■ マウスピース矯正、ワイヤー矯正で迷っているのですが。

マウスピース矯正、ワイヤー矯正にはそれぞれに良い点があります。ただし、 マウスピース矯正は全ての症状に対応できるわけではないので注意が必要です。
詳しく見る

■ マウスピースは目立たない、と言いますが…本当ですか?

当院で使用しているマウスピースは薄く透明なプラスチックのマウスピースです。
詳しく見る

■ 子どもの矯正にもマウスピースは使えますか?

はい、主に10代のお子さまに対応した子供用のマウスピースがあります。
詳しく見る

■ インビザラインを装着したままの食事はできますか?

インビザラインを装着したままの食事はインビザラインの変形や破損の恐れがありますので、必ず外してから食事をするようにしてください。
詳しく見る

■ インビザラインアタッチメントとはなんですか?

インビザラインが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように 設置する白い突起物のことです。直接歯に接着します。
詳しく見る

■ インビザラインアタッチメントをはずす時に歯は削れないのですか?

歯が削れない特殊な機械を使って突起物をはずしていきます。
詳しく見る

■ インビザラインの洗浄方法は?

インビザラインをはずした後、水かお湯で洗い汚れを取ってください。
詳しく見る

■ 無料カウンセリングは本当に無料ですか?

はい、無料で行っております。
詳しく見る