矯正治療の有力な選択肢 裏側矯正 Lingual orthodontics

裏側矯正とは

「新宿矯正歯科」は見えない裏側矯正の専門クリニックである、本院「渋谷矯正歯科」を前身として、日本矯正歯科学会「専門医」の総院長が統括する新世代の総合矯正クリニックです。これまで本院で培ったフルデジタルの裏側矯正技術を最新の設備で提供します。

見えない裏側矯正は、別名「舌側矯正」または「リンガル矯正」と呼ばれるもので、患者さまに支持される理由は「矯正装置が見えない」という点です。

矯正治療と言うと表側に見えるギラギラした金属の器具を想像する方が多いですが、この表側矯正は「ドクターが治療をやりやすいため(装着が楽なため)」長い間標準とされていたに過ぎません。「裏側矯正」は、歯にかかる負担が少なく、虫歯など治療中のリスクが低いことも特徴です。

先進的なデジタル技術で実現
短期間の裏側矯正
短期間の矯正は通常治療のオプションです。

矯正装置をより短い期間で外すため、
徹底して「精確さ」と「速さ」にこだわります。

長い治療期間はデメリットしかありません。むし歯や歯周病リスクも高くなり患者さんの負担も重くなります。 新宿矯正歯科では、治療の質は保ちながら、全ての患者さんがより短い期間で矯正装置を外すことを目指しています。

デジタル技術の導入で短期間の治療を実現。

患者さまのお口の中を「歯科用CT」・「レントゲン」・「3Dスキャナー」で完全にデジタルデータとして計測します。 目で見えない場所や感覚や経験に頼っていたものを「見える化」することによって、より精確でリスクの少ない治療が可能になりました。 精密性の向上とプロセスのスリム化によって、短期間の矯正治療も可能です。

  1. 1 スタートが違う。

    これまでは歯型による石膏模型に頼った治療計画を立てていたので、治療開始までに時間がかかりました。「新宿矯正歯科」は院内に技工所を完備しているため技工物の製作もスピーディーです。短期間の裏側矯正はスタートから違います。

  2. 2 精確さが違う。

    治療から「あいまいさ」を取り除きます。
    経験に頼っていた治療を、デジタルで「見える化」します。 治療開始から終了までの姿をコンピュター上で完全にシミュレート。
    患者さんにもご自身の歯がどう動くか見て頂くことができます。 シミュレートすることでより無駄のない移動が実現し、リスクの少ない治療を受けていただけます。

  3. 3 考え方が違う。

    質の高い治療と早さの両立を目指すため、選び抜いたデジタルサポート機器・システムを導入しました。 デジタルサポート機器は患者さまの快適さにも貢献します。
    「より良い治療をより早く」私たちはそれを目指し日々尽力しています。

新宿矯正歯科
見えない裏側矯正の特徴

日本矯正歯科学会「専門医」(国内10万人の歯科医師の1.1%)の総院長 東海林が統括し、医師・スタッフへの指揮を執ることで専門医の高いレベルによる丁寧で細やかな「見えない裏側矯正」を提供します。

「見えない裏側矯正」は、治療チームも独自の院内教育プログラムと総院長による厳しい評価をクリアしたメンバーで構成されます。「専門医」による治療、治療の経験や技術によって選抜された治療チーム、適正な価格が私たちの「見えない裏側矯正」の特徴です。

  1. 1 普段の生活では装置がみえません

    目立つ矯正装置が嫌で矯正治療をためらっていた方、キャビンアテンダント・アナウンサーなど 職業的に目立つ矯正装置を禁止されていた方も安心して治療頂けます。

  2. 2 食事でのストレスが少ない

    表側矯正では、食事のときに装置に食べ物がからまったりし、 その度に歯磨きに行く訳にも行かず、大変気を遣う必要があります。
    裏側矯正治療では、そうした精神的な苦痛を感じることなく、治療を行うことができます。

  3. 3 いち早く美しい歯並びを実感できる

    裏側矯正治療では治療が終るのを待たずに、前歯が揃ってきた段階で美しい歯並びを実感することができます。
    通常、治療から半年程度で前歯がきれいに揃うので、その段階でかなりきれいな口元で過ごせます。

裏側矯正の流れ

  1. ー1ー矯正装置の製作

    裏側矯正(リンガル矯正)は歯の裏側に装置をつけます。歯の裏側は歯の表側より複雑な形をしており、 装置の設置は難しいのです。
    そのため、裏側矯正の矯正装置はひとりひとりに合ったオーダーメイド。
    新宿矯正歯科は技工所を併設しているため、技工師が医師とコミュニケーションを密に取りながら 矯正装置を作り上げます。

  2. ー2ー矯正装置の装着

    「インダイレクトボンディング*」で装置を歯に設置していくので、 計画通りに装置を付けることができます。
    矯正装置は専用の接着剤で歯の裏側へ接着を行っていきます。
    *あらかじめ装置の設置場所を決め、その配置をそのままに歯へ装着していく 技術です。

  3. ー3ー矯正装置の調整

    原則的に3週間に1度のペースでご来院頂き、装置の調整を行います。治療期間は6ヶ月半(短期間裏側矯正)から2年半程度(ノーマル裏側矯正)です。
    矯正開始時に痛みを感じる方は、お薬の処方のほか、レーザー治療や温熱治療のオプションもあります。
    また、期間中のクリーニング(PMTC)やホワイトニングも可能です。

  4. ー4ー治療完了後、保定期間へ

    計画通り歯並びが整ったことを確認し、裏側矯正装置を除去します。治療後の歯を歯槽骨で安定させるため、マウスピースタイプの保定装置を使用頂きます。3ヶ月から半年のペースでご来院頂きます。

裏側矯正についてのよくある質問

■ 矯正治療には保険が効かないのですか?

原則的に矯正治療は保険診療の対象ではありません(顎周囲の怪我や変形によるものは保険対象となることがあります)。 詳しく見る

■ 治療期間はどのくらいですか?

治療期間についてのご質問です。
詳しく見る

■ 通院の頻度はどのくらいですか。

通院の間隔についてのご質問です。
詳しく見る

■ 矯正治療には必ず抜歯が必要ですか?

必ずしも必要というわけではありませんが、症状によっては抜歯をすることで効果的な治療が可能になることもあります。 詳しく見る

■ 無料カウンセリングは本当に無料ですか?

はい、無料で行っております。
詳しく見る